ヨルダンのフェイサル・アル・フセイン王子が、紛争解決と平和構築におけるスポーツの重要性を説明された(01/12/2018)

 「平和世代(Generation for Peace: GFP)」の共同創設者兼会長であるヨルダンのフェイサル・アル・フセイン王子が、GPAJ長谷川祐弘理事長、佐藤美央副理事長、谷本真邦事務局長と会談した。王子は平和世代(GFP)の創設以来の活動を説明され、協力関係の構築に関しての可能性を話し合った。


Prince Feisal Al Hussein with GPAJ President Hasegawa
and Vice President Mio Sato

Dr. Mohanned Arabist, President of Generation for Peace with GPAJ Vice President Mio Sato and Secretary-General Masakuni Tanimoto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です