「ワクチン支援へ3億ドル拠出」安倍首相 国際団体に表明 (04/06/2020)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍総理大臣は、発展途上国でのワクチンの普及に取り組む国際団体の会合にビデオメッセージを寄せ、ワクチンの開発などを支援するため、3億ドルの拠出を表明しました。


「ワクチン支援へ3億ドル拠出」安倍首相 国際団体に表明


2020年6月4日 22時41分


 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍総理大臣は、発展途上国でのワクチンの普及に取り組む国際団体の会合にビデオメッセージを寄せ、ワクチンの開発などを支援するため、3億ドルの拠出を表明しました。
発展途上国でのワクチンの普及に取り組む国際団体、「GAVIワクチンアライアンス」(The Global Alliance for Vaccines and Immunizationより改称)は、新型コロナウイルスのワクチンの開発などを支援するため、各国に資金の拠出を呼びかけていて、日本時間の4日夜、オンラインで会合を開きました。

 安倍総理大臣は、会合に寄せたビデオメッセージで、「現在、人類の英知を結集してワクチンの開発が進められており、実用化された暁には、途上国に迅速に供給できるよう、今から着実に準備を進めておく必要がある」と述べました。

 そのうえで、団体に対し、すでに表明している1億ドルに加え、新たに2億ドルを拠出し、合わせて3億ドルの支援を行う方針を表明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です