「国際テロリズムと日本の対策」日本国際平和構築協会(GPAJ) 第32回政策発表討論会 (22/09/2018)

 山本栄二国際テロ対策・組織犯罪対策協力担当大使による講演と討論会を、2018年9月22日(土)の15:00~17:30に、JICA市ヶ谷研究所「地球ひろば」会議室201号室で行います。討論者の一人として山崎裕人 元警察大学校長・元カンボジアPKO派遣文民警察隊長が参加されます。

 ご参加者の皆様のご発言・ご提案を歓迎いたします。ご参加を希望される方は、谷本真邦GPAJ事務局長(tanimoto[@]gpaj.org)までご連絡下さい。


Global Peacebuilding Association of Japan
日本国際平和構築協会
第32回 政策発表討論会


 【日時】 2018年9月22日(土) 15:00~17:30
 【会場】 JICA市ヶ谷研究所「地球ひろば」会議室201号室
 【プログラム(案)】
      15:00-15:10 開会の辞

      15:10-16:00 講演「国際テロリズムと日本の対策
               山本 栄二 特命全権大使(国際テロ対策・組織犯罪対策協力担当)

      16:00-16:30 討論
               登壇者: キハラハント 愛 東京大学准教授・GPAJ理事
                    山崎 裕人    元警察大学校長・元カンボジアPKO派遣文民警察隊長
                    犬塚 直史    元参議院議員

      16:30-16:40 小休憩

      16:40-17:20 質疑応答

      17:20-17:30 事務局からの報告
               谷本 真邦 GPAJ事務局長

      17:30-18:30 懇親会



※日本国際平和構築協会は定款に示されているごとく、国際平和、安全保障、開発、環境保全などの分野で、社会教育の推進と国内外の人々の啓発を目的としております。つきましては、この政策研究会で皆様がご発言された内容は、当協会のホームページに記録として掲載させて頂きますので、予めご了承下さい。



 

山本 栄二
国際テロ対策・組織犯罪対策協力担当大使

 大阪府出身。1980年創価大学法学部を第6期生として卒業し、外務省に入省。韓国語研修を受けたコリア・スクールで、1983年にハーバード大学修士課程修了後、延世大学校、ソウル大学校に留学。在大韓民国日本大使館二等書記官、外務省北東アジア課首席事務官、国際連合日本政府代表部一等書記官、外務大臣官房企画官、外務省国際情報局分析二課長、在カンボジア日本国大使館参事官、国際連合日本政府代表部公使、在大韓民国日本国大使館公使を経て、2007年内閣府経済社会総合研究所上席主任研究官。外務省大臣官房参事官(領事局兼国際協力局担当)、外務省大臣官房審議官(危機管理担当)を経て、2011年トロント総領事。2014年駐東ティモール特命全権大使。2017年特命全権大使(国際テロ対策・組織犯罪対策協力担当)。2018年兼特命全権大使(北極担当)

This article has 1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です