「我が国の対南スーダン平和構築支援:現場からの視点」講演者 紀谷昌彦 元駐南スーダン大使 (28/01/2018)

 元駐南スーダン大使の紀谷昌彦外務省アフリカ部参事官が日本の南スーダン平和構築支援がどのように行われたか「現場からの視点」で講演し参加者との意見交換をします。

日本国際平和構築協会
第28回 研究会セミナー


国連システム学術評議会(ACUNS)東京連絡事務所 後援


2018月1月28日(日) 15:00-17:30

東京大学 駒場キャンパス
京王井の頭線 駒場東大前駅 下車
〒153-8902 東京都目黒区駒場3−8−1
18号館4F コラボレーションルーム4
司会: キハラハント愛 東京大学大学院准教授


15:00-15:10 開会の辞

15:10-15:50 講演・討論会『我が国の対南スーダン平和構築支援:現場からの視点』

講演者: 紀谷昌彦 外務省アフリカ部参事官、元駐南スーダン大使

15:50-16:10 パネル討論会

  • 紀谷昌彦 外務省アフリカ部参事官、元駐南スーダン大使
  • 遠藤貢 東京大学大学院教授
  • 東大作 上智大学准教授
  • 今井高樹 日本国際ボランティアセンター 南スーダン緊急支援担当/人道支援・平和構築グループマネージャー

16:10-16:20 小休憩

16:20-17:20 質疑応答

モデレーター: 長谷川祐弘 理事長

17:20-17:30 事務局からの報告(谷本真邦 事務局次長)

18:00-19:30 懇親会


 参加をご希望される方は、キハラハント愛事務局長(kihara-hunt[@]gpaj.org)へメールにて、お申し込み下さい([@]を@に代えてお送り下さい)。

資料代: 会員 – 無料

非会員 – 500円


紀谷 昌彦 大使

 1964年函館市生まれ。1987年東京大学法学部卒、外務省入省。ケンブリッジ大学歴史学部国際関係論修士号及び同大学法学部国際法修士号取得。在ナイジェリア日本大使館、防衛庁、外務省欧亜局・大臣官房・経済局、在米国日本大使館一等書記官(経済協力担当)、在バングラデシュ日本大使館参事官(総務・経済・経済協力班長)、外務省総合外交政策局国際平和協力室長、同国連企画調整課長。在ベルギー日本大使館公使(総務・NATO班長)を経て、2015年4月に駐南スーダン大使、2017年9月に外務省アフリカ部参事官。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です