UN Secretary-General`s message on international terrorists and refugees (31/01/2017)

 UN Secretary-General António Guterres expresses his concern about the decisions that are undermining the integrity of the international refugee protection regime around the world.

Secretary-General António Guterres (3rd right, front row) poses for a group photo with African Union leaders at the opening of their Summit in Addis Ababa, Ethiopia. (UN Photo / Antonio Fiorente)

Secretary-General’s statement
31 January 2017, New York


 On my way back from Ethiopia, the largest refugee-hosting country in Africa that for decades has been keeping its borders open to hundreds of thousands of refugees from its neighbours, many times in dramatic security situations, I want to state the following:

  ·Countries have the right, even the obligation, to responsibly manage their borders to avoid infiltration by members of terrorist organizations.

  ·This cannot be based on any form of discrimination related to religion, ethnicity or nationality because:
     - that is against the fundamental principles and values on which our societies are based;
     - that triggers widespread anxiety and anger that may facilitate the propaganda of the very terrorist organisations we all want to fight against;
     - blind measures, not based on solid intelligence, tend to be ineffective as they risk being bypassed by what are today sophisticated global terrorist movements.

  ·I am also particularly concerned by the decisions that around the world have been undermining the integrity of the international refugee protection regime. Refugees fleeing conflict and persecution are finding more and more borders closed and increasingly restricted access to the protection they need and are entitled to receive, according to international refugee law.




* * * * * * *


難民問題に関する事務総長声明 (ニューヨーク、2017年1月31日)
プレスリリース 17-007-J 2017年02月01日


 多くは劇的な治安状況の下で、国境を閉ざすことなく、近隣国から数十万人の難民を迎え入れてきたアフリカ最大の難民受入国エチオピアからの帰途に就くにあたり、私は以下を明言したいと思います。

  ・各国には、テロ組織メンバーの潜入を防ぐため、その国境を責任ある形で管理する権利だけでなく、その義務さえあります。

  ・しかし、宗教、民族または国籍に関連する何らかの形の差別に基づき、これを行うことはできません。それには下記の理由があります。
     ‒ そのような措置は、私たちの社会の基盤となっている根本的な原則と価値に反しているため。
     ‒ そのような措置は、不安や怒りを広げるきっかけとなり、それによって、まさに私たち全員が闘おうとしているテロ組織の宣伝活動が容易になりかねないため。
     ‒ 確かな情報に基づかない盲目的な措置は、今日の極めて高度に発達した国際的なテロ活動によって、かいくぐられる傾向があるため。

  ・私はまた、国際的な難民保護体制の統合性を世界各地で損なっている決定に対し、特に大きな懸念を覚えています。紛争や迫害を逃れた難民にとって、ますます多くの国境が閉ざされているだけでなく、国際難民法に基づき要求され、かつ権利として認められるべき保護へのアクセスがますます制限されているからです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です