西海 洋志

氏名

Hiroshi NISHIKAI

 西海 洋志 (にしかい ひろし)


所属

 聖学院大学政治経済学部 准教授


協会内での活動
2017

 第1回研究発表大会 セッション1「国連平和活動における政策の変遷」研究報告(2017)


職歴

 ・聖学院大学政治経済学部 准教授(2019-)

 ・一般社団法人広島平和構築人材育成センター プログラムコーディネーター(2016-2019)

 ・公益財団法人日本国際問題研究所 研究助手(2008-2012)


学歴

 ・東京大学大学院総合文化研究科 博士号(グローバル研究)取得(2017年)

 ・セントアンドリュース大学国際関係学部 修士号(国際政治思想)取得(2006年)

 ・青山学院大学大学院国際政治経済学研究科 修士号(国際政治学)取得(2005年)


出版物
2020

 ・西海洋志「保護する責任(R2P)概念の展開の再検討——2005年世界サミットの成果とは何だったのか——」『聖学院大学論叢』第32巻2号、2020年、17-32頁。

2017

 ・中内政貴・高澤洋志・中村長史・大庭弘継(編)『資料で読み解く「保護する責任」――関連文書の抄訳と解説』大阪大学出版会、2017年。

 ・高澤洋志「国際社会の変容と安全保障概念の(再)社会化」渋谷淳一・本田量久(編)『21世紀国際社会を考える――多層的な社会を読み解く38章』旬報社、2017年、第Ⅰ部05章、48-57頁。

 ・高澤洋志「セキュリタイゼーション・ディレンマ――保護する責任(R2P)概念の変遷と超国家権力の具現化をめぐって」大庭弘継 編『超国家権力の探求――その可能性と脆弱性』 南山大学社会倫理研究所、2017年、第7章、157-179頁。

2015

 ・高澤洋志「セキュリタイゼーションと政治的時間の諸相――保護する責任(R2P)概念の変遷を一事例として」日本政治学会編『年報政治学 代表と統合の政治変容 2015-II』木鐸社、2015年、257-278頁。

2014

 ・高澤洋志「保護する責任(R2P)論の『第3の潮流』――2009年以降の国連における言説/実践を中心に」日本国連学会編『国連研究第15号 グロバール・コモンズと国連』国際書院、2014年、145-172頁。